メントレGのお客様 堀内孝雄

ほりうち・たかお 歌手。1949(昭和24)年10月27日大阪市生まれ。56歳。大阪・桃山学院高時代の同級生には、歌手のやしきたかじんがいる。京都産業大学中退。71年に「アリス」を結成。谷村新司とのツインボーカルで人気を呼び、「遠くで汽笛を聞きながら」「秋止符」など代表曲を残した。並行して75年以降ソロ活動も始め、「君のひとみは10000ボルト」(78年)が大ヒット。81年アリスが活動を停止し、翌年から本格的ソロ活動。88年4月テレビ朝日系ドラマ「はぐれ刑事純情派」の主題歌を担当して以来、昨年まで全18作(18年)の主題歌を担当した。
アリスは2001年、デビュー30周年を迎え、神戸復興チャリティーなどアリーナツアーで一時的に活動を再開した。
最新シングル「不忍の恋」では、古き良き日本の理想の女性像を歌っている。35周年記念の全国ツアーは、6月3日、神奈川・伊勢原市民文化会館からスタート。

【アリス絶頂期に「活動停止宣言」】
焼酎の古酒が、熟成して角がとれるように、35周年記念の2枚組アルバム「OLD&NEW」には馥郁(ふくいく)とした味わいがある。
「楽しい時期だけでなく、ちょっとした挫折もありました。50代半ばになると、アリス時代のように勢いだけでは、客席のみなさんが納得しない。よく使う言葉ですが、いつの時代も等身大、これを維持するのが、けっこうラクそうで難しい。浮き沈みのなか、人との出会いで救われてきました」
学生時代に1年先輩のバンドにいた谷村新司に誘われ、矢沢透と3人でアリスを結成。「狂った果実」「遠くで汽笛を聞きながら」「冬の稲妻」…。大ヒットを連発して、絶頂期を迎えた1981年5月に突然、「活動停止宣言」した。言い出しっぺは、自分の方からだったと明かす。
「後半は、人気に加速度が付いてテッペンまで行きました。あとは、なだらかに降りていくんでしょうけど、当時は、まだ32歳。もうひと勝負、ふた勝負できるだろう、と思いまして」
東京・麻布の喫茶店。「オレたちピークを迎えてるよね…」と切り出した堀内の気持ちに、谷村は理解を示しながらも、「その代わり、もう2度とアリスは、やらないぞ。それぐらいの決意がないと」と、あえて突き放したという。


堀内孝雄/OLD&NEW(CD)




メントレG


| 料理

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。